“みずみずしく、水分たっぷり肌” を応援します。     

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

2024年05月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年06月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アロエについて

庭にあるアロエは全てキダチアロエですか?
いいえ、アロエは500種類以上あるといわれています。
その中には、観賞用もありますので、キダチアロエのようにまるごと使えるアロエとは限りません。
一度お調べになることをお勧めいたします。
キダチアロエはまるごと使えるとはどういうことですか?
昔から、庭先に多く見かけられるキダチアロエ。
皆さんも虫刺され、やけど、胃の痛みなどに、葉を折って使ったことがあるかと思います。
そのキダチアロエは、葉の脇のトゲトゲをそぎ落としたあとは、そのまま、食品、化粧品に使用することができます。
ヨーグルトに入っているアロエと同じですか?
市販で販売されているアロエヨーグルトに入っているアロエは、アロエベラの使用が多いです。
アロエベラは、薬事法に定められていますが、皮の部分は、食品、化粧品に含まれてはいけません。
それに比べて、キダチアロエは、まるごと使用できますので、葉とゼリーの間にあるアロエの有用成分を活かすことが可能です。
キダチアロエが庭先にあるのですが、このアロエに赤い花が咲くのですか?
はい、秋から冬にかけて、葉と葉の間から土筆のようなつぼみが顔を出し、高さ30cm~100cmくらいまで立ち上がり 下の方から鮮やかな真紅の細かい花がひとつひとつ開き始めます。
あろえはうすの原料は、花が咲くまで栄養が行き渡った3年物の完熟アロエが使われています。
花が咲き終わった後はどうすればいいのですか。
花茎を切りやすい場所(葉の根元にちかいところ)で切ります。
キダチアロエは増やせますか?
1本のアロエに小さなアロエが次から次に芽(脇芽・子株)を出します。
ある程度の大きさに育つと切り離し株分けで増やすことができます。

配送について

配送会社はどちらですか?
商品にもよりますが、佐川急便です。
ポストへお届けする郵便局のサービスでお届けする商品もございます。
注文してから商品が届くまでどのくらいですか?
通常、ご注文後一週間前後でのお届けとなります。注文・運送会社の状況により2週間以上かかってしまうことがあります。ご了承下さいませ。
ご注文後10日以上経過しても商品が到着しない場合には、大変お手数ですが、0800-333-0777(受付時間:平日・9:00~17:00)までご連絡下さい。
日時指定はできますか?
ご到着希望の10日前までにご注文いただいた場合はご指定いただけます。
お時間帯は(午前中)(12-14時)(14-16時)(16-18時)(18-20時)(19-21時)からお選びいただけます。
ただし、ポストへお届けする商品は、ご希望に添えない場合がございます。
また、年末年始などの一般的に道路状況が混み合う場合、また、ご注文が殺到している際は承れない場合がございます。 ご了承くださいませ。
送料はかかりますか?
ご注文金額5,500円(税込)以上より、送料無料でお届けいたします。
5,500円(税込)未満の場合は、送料(全国一律)600円(税別)、ご負担をお願いいたします。
配達時不在の場合、商品はどうなりますか?
ご不在の際は、不在票を入れ、商品は一度持ち帰ります。
ご都合のよろしい時間帯を不在票に記載されている連絡先へお客様より直接お願いいたします。

お支払いについて

代金引換はできますか?
可能です。代金引換の場合、商品到着時にその場でお支払いください。
※但し、手数料330円(税込)お客様ご負担となります。
カード決済はできますか?
可能です。クレジットカードの場合、各クレジット会員規約に基づいて、お客様ご指定の預金口座から自動引落しとなります。
対応クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERS )
分割はできますか?
商品代金の分割払いのサービスはいたしておりません。クレジットカードでのお支払いは、「一括払い」のみのお取り扱いとなります。 「分割払い」はご利用いただけませんので、ご了承ください。
             

返品について

返品はできますか?
商品の返品は未開封・未使用のモノに限ります。返品交換は商品をお受け取り頂いてから8日以内とさせて頂きます。
ただし、お客様のご都合による、返品商品を当社までご返送いただく際の送料はお客様負担となりますのでご了承ください。
着払いにてご返送いただいた場合は、商品代金から着払い料金を差し引いた金額のご返金とさせていただきます。予めご了承ください。
お届けした商品の破損・汚損の場合は、弊社から新しい商品を交換にてお届けいたします。
                         

商品・使い方について

お手入れがひとつで済む商品はどれですか?
お肌の悩みによりますが、【薬用美白 アロエと和漢草の肌水】【薬用美白 アロエのアクアリッチジェル】【薬用美白 潤寿プレミアム】は、1つで充分な処方設計にはなっています。
何を使っても潤いが不足します。お勧めはどれですか?
あろえはうすが一番お勧めするのは【薬用美白 潤寿プレミアム】です。
20年間お声を聞かせていただいたことにより、肌に水分を持ち続ける液を含ませておけばいいだけ!
という発想から開発された商品になります。
クリームと違い、液体にすることで保湿成分をふんだんに配合してあります。
また、一般的にクリームや油分で肌に蓋をしがちですが、潤寿プレミアムは低分子と高分子の構造にこだわり、水分を保っておくことを得意とした処方設計になっています。
伸ばすのでなく含ますのですか?
使ったときに伸びが良いことを皆さんが一番におっしゃってくださいますが、潤寿プレミアムは頬づえをつくような優しい圧と手のぬくもりで肌に入りやすい処方設計になっているため、伸ばすより含ます使い方をお勧めしています。
手に取ったらすぐつけるのはなぜですか?
手に5プッシュほど取り、手のひらで温めていると、使用感にべた付きが出てしまいます。
ジャータイプのクリームなどと違い、空気に触れることで特徴が損なわれますので、手に取りましたらすぐに、その部位を両手でつつみこむように含ませましょう。
顔、体、地肌につかっていいのですか?
はい。皮膚は1枚で繋がっているのに、ほとんどの方が髪の生え際でお手入れをとめてしまいます。
おでこや上まぶたは特に、地肌が乾燥し、皮膚が伸びて、そのたるみが顔にまで影響を及ぼしていると考えられます。
アロエ商品はお顔のお手入れに留まらず、お顔から地肌、そして、手、足などにも安心してお使いいただき、肌全体をダメージから守ることを目的とした商品になっております。
使う順番がありますか?
はい、「製品の使い方」のページにもありますが、乾燥やシミが気になる方には、お勧めの使う順番がございます。
次のステップに移りやすくするために、お肌に入りやすい分子構造をもとに、シリーズとして使用していただける処方設計がしてあります。
【薬用美白 潤寿プレミアム】はつっぱりませんか?
乾燥のひどい方でつっぱる方が、まれにいらっしゃいます。
【薬用美白 潤寿プレミアム】が、水分を保持し続けるために処方設計されていますので、お肌に水分が少ないと、水分欲しさにつっぱった感じがするようです。
そういうお肌に潤いが欲しい方のために薬用シリーズはあります。

1. 【アロエのせっけん】
毛穴の奥まで入り込み余分な皮脂や汚れを優しく洗いあげるので、お肌に入りやすい状態をつくります。
2. 【薬用美白 アロエと和漢草の肌水】
低分子でお肌の隅々まで水分を与え、肌の奥までひたひたに浸すことにより、硬く乾いた肌がすぐに和らぎ次のステップの有効成分をしっかり取り込む為に必要な状態に肌を整えます。
3. 【薬用美白 アロエのアクアリッチジェル】
有効成分を取り入れながら、更にジェルでパックします。
4. 【薬用美白 潤寿プレミアム】
中から蒸発しそうな水分と肌についた水分を蒸発前に上手に取り込み、常に潤い続けます。

シリーズで使うことにより、更に肌が柔らかくなり、常に潤ってハリのあるお肌へとつながります。
油分の多いものを使い続けていると、肌に油分の蓋ができてしまうので、翌日のお手入れで水分を上手く取り入れることができず、肌の水分不足を生み出してしまいます。
市販のオールインワンジェルは、モロモロ何かカスが出るので好きではないのですが、この【薬用美白 アロエのアクアリッチジェル】は大丈夫ですか?
あろえはうすは、オールインワンジェルからスタートした会社になります。
その上で、お客様のお声をもとに改良に改良を重ね誕生したのが、【薬用美白 アロエのアクアリッチジェル】になります。
ゲルが各種成分を包み込み、新鮮な状態を保つ仕組みになっています。エキスをゲル状にたっぷり含んでおり、お肌にのせて塗り拡げる際の圧力で、含んでいた水溶性成分・エキスが溢れ出しますのでモロモロの心配はございません。油分を抑えべた付きすぎない保湿力で、お顔はもちろん全身に使用していただけます。
まだ使っていない商品がありますが使えますか?
保存状態にもよりますが、3年間は問題なくご使用いただけます。ただし、高温多湿、直射日光のあたる場所に保管してあった場合は、中身が分離したり、変質している場合がありますので、使用は避けましょう。